トップページ »  » 昔ながらの上棟式          2012年7月14日

昔ながらの上棟式          2012年7月14日

この辺の上棟式には、大工さん、新築されるお方、親戚のかたが、
屋根の上の上がって神事をなさり、ご近所さんは、新築の家の周りで、縁起物のお菓子や
おもちを拾いに集まります。
神事終了後、屋根の上から、下にいるご近所さんに縁起物を投げるんです。
投げられるものは、いろいろです。
昔は、家の建て主さんの年齢の数の5円の穴に細紐和紙でまいたものが、1番人気で
老いも若きも争って拾ったものですが、近年は、5円より高価なもの、お菓子やパンなどが、
人気です。
今日、15時40分頃夫から、携帯が鳴りました。
君の大好きなだんごまき(上棟式で、縁起物をまくこと)始まるよ!
近くの人集まってるからと。
早速、袋もって、自転車で出かけました。
同級生や、近くの方で、ごったがいしてましたが、大好きなだんごまき!ドキドキにながら、
臨みました。
なんと袋に入りきれないくらい拾いました。すみもちと言って4か所に大きなおもちを置き、
最初にまくのですが、今は、もちでなく、大きいお饅頭のことが増えまして、この日もお饅頭
でしたが、、、、、、、勿論拾いました!!!!!
雨の合間でしたから、泥だらけになって靴も、ズボンも大変なもの。
でもでも大好きなだんごまき、最高でした。

by   at 16:20
トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

トラックバックはありません

コメント

コメントはありません

コメントを書く




保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)